top of page

『今までの完璧を超える食事!』バリエーションを増やして快適な毎日を体験してみませんか?

更新日:4月25日


生食フリーズドライだから出来る事が違う。



KISENAをご愛顧いただきありがとうございます。


水分をたくさん取れてうれしいというお声もあれば、少し水を減らしてもいいですか?と言う質問も良く頂きました。


そこで、生食フリーズドライだから『こんな事が出来る』をご紹介いたします。


『水分量を調整する事で、お肉の弾力を楽しむ方法や、スープのようにさらに水分を取れる方法を選択できます。』


水分量を減らすとお肉の食感が良く出ます。プニプニした感じです。

*飲める水を用意してください。


・水分量を今まで通りに足すと、スープのようにさらに水分を取ることができます。


もっとおいしく食べて欲しい。もっと水分を飲んでほしい。という様々なニーズがあり、どうにかお手伝いができないか悩んだ結果、水分量を調整する事でバリエーションが増え、毎日が豊かになると信じています。

水分量が多少変わるだけで、その他成分のパーセントに変更はございません。



『今までの完璧を超える食事!』


完璧を超える食事① - 【生は自然に消化されやすい】


生食はペット達から見れば一番自然な食事です。人間と同じように、犬猫もドライフードの粒や缶詰の製造過程で後から添加される合成ビタミンよりも、自然食品からの方が効率よく栄養素を吸収します。また犬猫の腸の長さに対し炭水化物や糖分は体に対してやさしくありません。KISENAの国産レシピには、ペットにとって消化しにくい穀類、増量剤、添加物、合成物、保存料は含まれていません。


完璧を超える食事② - 【光沢のある被毛と健康な肌】


犬の皮膚も臓器と同じように体が必要な栄養素やビタミンを摂取していると、それが皮膚に現れます。KISENAの食品に含まれる栄養素は、市販のフードよりも犬猫が消化する際に生体利用効率が高く、臓器が必要な栄養素をより効率的に吸収できるようになります。皮膚も同様です。KISENAには、犬が栄養素を分解して消費するのを助ける酵素も含まれています。これらの酵素がないと、犬がデンプン、脂肪、タンパク質を吸収するのが難しくなります。その結果、フケ、皮膚の乾燥、毛が薄くなったり粗くなったりすることがあります。KISENAに切り替えた後は、皮膚、被毛の違い、そして抜け毛の少なさに気づくでしょう。


完璧を超える食事③- 【理想の体型】


生食の導入により筋肉の張、姿勢、体型が改善されると言われています。KISENAには犬猫が燃焼しにくい炭水化物や糖分が含まれていません。犬の理想的な体重の維持を自然にサポートします。


完璧を超える食事④- 【腸の健康を改善し、うんちの量が減ります】


KISENAには肉、内臓、骨が含まれており、犬猫が本来消化すべきものがすべて含まれています。生食の成分は簡単に分解されて栄養として利用できるため、とても優しく負担をかけません。


完璧を超える食事⑤- 【アレルギーの軽減】


ペットのアレルギーの原因として最も一般的に非難されているのはタンパク源ですが、実際には食物アレルギーは、ペットの免疫系が体を防御できなくなるまで積み重なった不耐症の集大成であると考えられているかもしれません。免疫システムに対するストレスの主な原因は、腸の健康状態の悪化です。もう一つは生の食品には調理毒素が含まれていないことです。調理毒素(高温調理される際に起こる化学反応)は、熱により食品中のタンパク質と糖が結合するときに形成されます。これらは、組織の炎症や変性を引き起こし、アレルギー、関節炎、その他老化に伴う症状を悪化させる可能性もあると考えられています。


完璧を超える食事⑥- 【免疫力を高める】


KISENAのレシピは生体利用効率が高く、消化をサポートし、免疫力を高める栄養素のほぼすべての吸収を助ける生き細菌や酵素が含まれています。生食は素材のほとんどが十分に活用されるため、廃棄物が少なくなります。これにより、免疫システムは大幅に腸の健康に力を使う事ができます。​


完璧を超える食事⑦- 【エネルギーの増加】


実は、炭水化物や糖分を消化するのに、莫大なエネルギーを必要とします。KISENAは余分な成分や増量剤が含まれないため、余分なエネルギーを使わなくて済みます。


完璧を超える食事⑧- 【水分補給の強化】


KISENAは市販のペットフードよりも水分含有量が高く、犬猫たちに自然な水分補給をもたらします。十分な水分補給を保つことは、老廃物や毒素の除去を助け、体の正常な体温調整や腎臓や肝臓の機能の維持にも関係しています。まれないため、余分なエネルギーを使わなくて済みます。


完璧を超える食事⑨- 【自然に歯をきれいにする】


生食は細かく砕いた食用の骨が入っています。粉状までに砕いた食用の骨を食べることで歯は綺麗になりす。


完璧を超える食事⑩- 【シニア期の運動能力向上】


生食の利点の1つは、高齢の動物の運動能力の向上であると言われています。多くの犬は、関節の可動性の問題による不快感を経験します。これらは一般に進行性の変性関節疾患または変形性関節症によって引き起こされ、年齢とともに悪化する傾向があるため、運動量や吸収力が落ちるシニア期には生体利用効率が高いKISENAの生食が最適です。


完璧を超える食事⑪- 【体にやさしい】


KISENAはアダルトからシニアに特化する事と生体利用効率が良い事が相まって、リンやカルシウムなどの量をオールステージ用より低く設定しています。生食なのに腎臓などに負担をかけない優しい食事に仕上がりました。(リンDM0.57%)

​*海外の論文や研究資料を見ると、人工リンでリンとカルシウムのバランスを取ったと時と、自然な骨などでバランスを取った時で、多くの違いが見受けられました


完璧を超える食事⑫- 【細胞にエネルギーを】


生まさにスパーフードと言えるクロレラの栄養成分は、生の緑黄色野菜の10倍の栄養価に匹敵するといわれています。

 タンパク質と人間の体に必要な9種類の必須アミノ酸を始め、ミネラル類やビタミン類、パントテン酸、葉酸、核酸などクロレラの種類によって多少の差はありますが、どの種類のクロレラも豊富に栄養を含んでいます。

 クロレラは細胞のはたらきを活発にして若返らせるとも言われています。



体が人とは違う。だから食事も。


数えきれない研究や犬猫の祖先の歴史から検証しても、肉体的な歯、顎、胃酸、腸の長さからしても肉食動物と言う事を理解しなくてはいけません。

人間に対するお肉と炭水化物、野菜のバランスと犬猫に対するお肉、炭水化物、野菜のバランスは違って当然です。

実際には日本で出回っている製品のほとんどが、人間の栄養学を元に作られた食事です。

大手ドッグフード会社は、犬を雑食動物とみなしています。しかし、ほとんどのホリスティック獣医師は、犬は野菜やフルーツも食べることができる肉食動物であると信じています。

閲覧数:42回0件のコメント

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page