top of page

よろしくお願いいたします。

初めましての方もいらっしゃいますのでご挨拶させていただきます。


私、KISENAを製造しております、株式会社アクティブビューティーラボの西川原と申します。


私自身、海外に住んでおり、色々な栄養学者とも意見交換や勉強会もしております。


どれだけフードが進化してもペット達の長生きに対する思いは冷める事はありません。

そしていつの時代も日本のフードは世界から遅れているとういう事を知るたびに心が痛みます。そこでずっと心に決めていた本当に世界で最高のフードが作りたいと言う思いから行動に移す時が来ました。


海外でとても犬猫の健康に対し結果を出している生食と言うペットフードはアメリかでは凄い種類のブランドがあり、それだけ人気があると言う事なのです。しかし生食は法律的に現在アメリカから日本に輸入する事は出来ません。従がって皆さんは限られた物しか検索できません。


しかし、私の夢でもある日本のワンちゃん、ネコちゃんにもアメリカと同じような環境を作りたいという長年の夢があり、とうとうそれが叶ったと言う事です。


・一般的なドライフードとは製造方法、素材の質、なによりも素材の配合の全てが違います。


・手作りやフレッシュフードとも違います。手作りやフレッシュフードは熱を使いますが、生食は非加熱です。圧倒的な違いが生まれます。次に配合ですが、手作りやフレッシュフードはドライフードのバランスのまま、芋や穀類を使用しドライフードのカリカリ状態にしないで作るフードで栄養バランスは人間のバランスに似ています。


手作りやフレッシュフードの原材料例 (肉、芋、野菜、ビタミン、ミネラル、、、、)これは一般的なドライフードと変わりません。


一方、生食は栄養学その物が違います。

KISENA生食の例 (肉、骨、心臓、レバー、魚、酵素、クロレラ、、)他にはない栄養価が詰まっています。ドライフード、手作りやフレッシュフードにはない配合です。


この生食配合は世界で結果を出しています。本当に違いが生まれます。



閲覧数:8回0件のコメント

Comments


bottom of page